MENU

メディプラスゲルにはどんな効果があるの?しわやシミにも効くの?

⇒公式HPはこちら

突然ですが、今までで一番売れているオールインワンゲルってどれかご存知ですか?答えはドクターシーラボです。ラフィネのオールインワンゲルも売れています。ここにメディプラスゲルを加えたのが、オールインワンゲル市場3強と言っても良いでしょう。

 

しかし、たくさん売れていて人気のあるものが一番効果があるとはもちろん言えないのがオールインワンゲルの面白いところです。どこの薬局にも置いてあるものが一番売れているに決まってますよね。

 

私はメディプラスゲルを長年使用していますが、もともとどんな成分が入っているかを調べていくうちに、その成分にどんな効果と役割があるかが良くわかってくるようになりました。

 

結論からすれば、オールインワンゲルの中でメディプラスゲルが最も肌に優しいと言えると思うのですが、このページではメディプラスゲルを3年間使用している私の感想と、メディプラスゲルにはどんな効果があるのかをまとめてみようと思います。
=目次=
メディプラス愛用歴3年の私のレビュー
メディプラスゲルの信頼感がさらに増したのはアトピーの娘に使い始めてからでした
メディプラスファンの私からのアドバイス
メディプラスゲルのユーザーはこんな効果を期待している人が多い
あまり知られていないメディプラスゲルの効果
↓これより下は良くある質問のコラムです。
メディプラスゲルはシミに効果があるの?
メディプラスゲルはほうれい線に効くの?

メディプラス愛用歴3年の私のレビュー

メディプラスゲルは、私がMediplusさんのファンになるきっかけとなった商品です。
元々乾燥肌が気になっていたので、色々な保湿化粧品の1週間お試しセットを取り寄せて使ってみたのですが、化粧水、美容液、乳液、クリーム・・・などとてもじゃないけど毎日そんなに自分の肌に時間は掛けられないし、なによりも「めんどくさい・・・」

 

とはいえお肌のコンディションも化粧ノリも気になるので、きちんとケアをしたい気持ちもあるし、ちゃんとお手入れをしている安心感も欲しいというのが悩みでした。

 

私も最初は保湿化粧品やオーガニックコスメをライン使いしていたのですが、一番苦手だったのは保湿化粧品のべたつく感じでした。ここは個人差というか好みが分かれるところだと思いますが、肌に塗るときも手がべたべたっとするし、寝る前に塗って朝起きてもまだ肌がべたつくのは私はあまり好きじゃなかったです。

 

その点メディプラスゲルは、たくさんあるオールインワンゲルの中でもかなりべたつきが少ない方だと思います。もちろん好みの差や慣れもあると思いますが、体温でゲルがあったかくなるからなのか程なくしてゲルが柔らかくなりとても肌なじみが良く、すっと肌が吸収してくれる感じです。

 

私がメディプラスゲルを使い続けることが出来ている一番の理由はやっぱり、「がんばらなくても毎日肌が生き生きしてる」ところです。

 

私は化粧水や美容液mクリームなどは一切使わず、お風呂上りに顔に2プッシュ、朝のメイク前に1プッシュ使用しています。ちなみに旦那はお風呂上りに5プッシュして顔に塗りたくっていますw

 

定期注文をしている為、2か月に1本届くのですが、2か月に1本のペースでもこれだけ使っていて足りないと感じたことはありませんので、もっと使ってもいいのかなと思います。ちなみに顔だけでなく身体の保湿にも使っています。

⇒目次へ戻る

メディプラスゲルの信頼感がさらに増したのはアトピーの娘に使い始めてからでした

私のお気に入りとなったメディプラスゲルですが、さらにゲルのファンになったというか信頼感が増したのが、アトピーの娘の保湿用に使うようになってからでした。娘は小学生なのですが、元々肌が弱くひどいアトピーでした。特にお風呂上りや寝ている間に痒くなるようで、無意識に掻いては気付けばお肌はボロボロになっていました。

 

私も娘のアトピーに悩まされ、最初は皮膚科に連れて行きました。診察を受け最初に処方されたのはお決まりのステロイド系の強い塗り薬と保湿剤でした。

 

アトピー自体はステロイド薬を塗るとおさまったように一見感じるのですが、わたしの感覚では娘の肌質がどんどんと典型的なアトピー肌になっていくのを感じていました。病院に連れて行く前から気になってはいたのですが、元々ステロイド薬を使うのには抵抗があったし、このままこの薬に頼って使い続けていいものなのかと親として不安になっていました。

 

そんな時、私自身もメディプラスさんのファンに既になっていたので、ヒマな時にホームページを見ていたり商品と共に届くメディプラスさんの冊子を読んでいる時に知ったのが、メディプラスを創業した女性の社長さんが実はご本人も幼いころから肌が弱く苦労していたことを知り、社長の考え方やメディプラスゲルを開発した思いにさらに共感するようになりました。

 

それを知った私は、試しにメディプラスゲルを娘に使ってみようと思うようになり、少なくとも今のままステロイド薬を使い続けるよりは絶対に娘の肌の為には良いはずだと信じて根気よく娘の肌のケアに取り組むようになりました。最初はステロイドの塗り薬の使用量は最小限にとどめておき、徐々にステロイドの使用をなくしていきました。

 

お風呂上りや寝る前もきちんと塗って、祖父母の家に娘が泊りに行くときも、学校に行くときもメディプラスゲルのミニボトルを持たせるようにして、とにかく肌を乾燥させないように娘にも習慣付けてもらいました。

 

このような取り組みを始めて1年が経つ頃には、今はもう病院の塗り薬は一切使わなくても良いくらいに肌の調子が整ってきています。もともと肌が弱い為、どうしても肌質のアトピーっぽさは残ってしまいますが、かきむしってボロボロになっていた時に比べれば見違えますし、母親の私としても驚くばかりの結果になりました。

 

アトピーの症状を薬で塗りに抑えるよりも、肌の調子を根本的に整えていくことの方が、長い将来を考えても優先すべきことだと今は感じています。
子どもでも楽に使えるのはとても助かりますし、商品に対する安心感がものすごくあります。

⇒目次へ戻る

メディプラスファンの私からのアドバイス

今私は、
・メディプラスゲル(オールインワンゲル)
・ウォッシュパウダー(酵素洗顔料)
・ベースメイクのメディプラスbb(オールインワンファンデーション)
の3点がお気に入りで定期購入しています。

 

メディプラスゲルを使ってみて、もし肌に合うなぁとかお気に入りになったら、ぜひ洗顔パウダーとbbクリームも試してみてほしいと思います。

酵素洗顔のウォッシュパウダーは、密封ボトルにきめの細かいパウダーが入っていて、泡立てネットに少量出して使うだけでもちもちの泡がびっくりするくらい大量にできますw最近背中ニキビが気になっていたので、洗顔をしたついでに手に余った泡で背中も洗うようになりました。

 

もともと小鼻の毛穴の汚れやニキビにも悩まされていましたが、ずいぶんすっきりしたように感じます。汚れ落ちは今まで使ってきたどんな洗顔料よりもダントツです。一番のお気に入りポイントは洗顔後のお肌の調子で、毛穴の汚れをしっかり落としてくれるのはもちろんのこと、しっかり洗っているのに肌のツッパリ感が出ません。洗顔後にメディプラスゲルを使うとしっかり浸透してくれるのがよく分かります。

このページはゲルの話をするのがメインなのでbbクリームの話しは軽くにしておこうと思うのですが(あらためてしっかりレビュー書きます)実はbbクリームもめちゃくちゃお気に入りです。

 

お気に入りポイントは、
・クリームの伸びがすごく良くてうす塗りができる
・塗った後の肌がさらさらしている
・しっかり肌に密着している感があって化粧くずれしづらい
・美容成分も入っているので肌に優しい
・なによりこれ一本で済むので時間に余裕ができてメイクも楽しめる

 

こんな感じでしょうか。メディプラスゲルが気に入ったら、ぜひ試してみてほしいと思います。ほんとにおすすめです^^

⇒目次へ戻る

メディプラスゲルのユーザーはこんな効果を期待している人が多い

まず、メディプラスゲルを使っている方は、どんな効果を期待して使っている、あるいはもともとどんな悩みがあって使っているかというのをまとめてみます。これは実際にメディプラスゲルさんから教えてもらったことなので貴重なデータかもしれませんね。
まず、乾燥肌で悩んでいる方が保湿効果に期待して使用されているのが最も多いようです。またリピーターさんは顔だけでなく、首元や手にも使用されている方が多いようです。
保湿効果はメディプラスゲルの最も得意とすることですので、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方にはもってこいのオールインワンゲルと言えます。とにかくどんな保湿クリームや化粧水もヒリヒリして使えなかったり、病院で出された保湿クリームやステロイド軟こうも何の効果もなかった方が、今ではメディプラスゲルのリピーターになっているという話も耳にしました。乾燥肌にピッタリということは、当然シワに対する効果もあると言えます。なぜなら、シワができる最も大きな原因が、肌の乾燥だからです。
メディプラスゲルを塗ると、肌に浸透して保湿効果は12時間は余裕で続くという実験データがあり、朝に塗って、夜寝る前に塗って眠れば、肌の乾燥の心配がなくなるだけでなくしっかりシワ対策も出来ていると言えます。
しわは老化の何よりの証です。「このしわさえなければ…」そう思いながら鏡とにらめっこしている女性、多いのではないでしょうか?しわを予防、改善したいなら何よりまず乾燥予防しなければなりません。お肌の乾燥はしわだけではなく肌荒れ、くすみ、たるみ、あらゆる肌トラブルのもとになるので、アンチエイジングを考えるならばとにかく保湿が大切です。メディプラスゲルはアンチエイジングにも持ってこいと言えそうです。

 

メディプラスゲルはさっぱりとした使い心地なのに、しっとりもっちり感が持続するので、よくある「塗った瞬間消えた」みたいなオールインワンゲルとは全く違います。メディプラスゲルにはしわに大変効果的だと言われている高濃度セラミドが配合されている他、大人になると体から減少していく潤いのもとコラーゲン、お肌の奥にいつまでも潤いを閉じ込めるヒアルロン酸、成長因子が肌細胞のサイクルを早めるプラセンタなどお肌の若返りに抜群の美容成分がふんだんに含まれているからです。
大きなしわは薄くなり、小さなしわは見えなくなり、とにかくシワが目立たなくなると言うユーザーの声は多いようです。

 

その他にユーザーさんから上がるメディプラスゲルの効果としては、シミに対する効果、ニキビに対する効果、アトピー対策、妊娠線予防効果というのが目立ちます。
ニキビとアトピーに対する効果については、やはり個人の肌質によるところが多いので、合うか合わないかは個人差があるかと思います。しかし間違いなく言えるのは、どんな化粧品よりも肌への負担が少なくて済むということだと思います。

⇒目次へ戻る

あまり知られていないメディプラスゲルの効果

メディプラスゲルが選ばれる理由として、最も得意とするのがその高い保湿効果と、それに伴うシワ改善効果であることは先ほども書きましたが、実はオールインワンゲルを選ぶときにとても重要なことなのに、あまり語られていない事があります。それは、肌を刺激しないという効果です。本来女性であれば、洗顔後に化粧水や保湿クリームや美容液や様々な化粧品を使うことによって、肌を摩擦するだけでなく、化粧品に含まれる有害な成分もたくさん蓄積されていくことになります。オールインワンゲルを使うだけで、肌への摩擦ストレスが減らすことが出来ます。しかしさらに重要なのは、肌にダメージを与える有害な成分を肌に与えないということなのです。メディプラスゲルは、肌ダメージの元となる成分を排することに徹底的に力を入れているオールインワンゲルです。このこだわりは、大手のオールインワンゲルとかなり差別化できるという点で大変評価できます。

防腐剤のワナに注意!

例えば、防腐剤ひとつ取ってみても、オールインワンゲルを選ぶときに落とし穴があります。よくホームページに「パラベンフリー」という文字を目にするかと思いますが、このパラベンというのが防腐剤です。
防腐剤不使用とは書かずにパラベンフリーと書いてあります。なぜなら、フェノキシエタノールという防腐剤が入っているからです。パラベンのイメージが悪くなった為フェノキシエタノールは使われるようになりましたが、
実はフェノキシエタノールも、肌への刺激や毒性が無いとは言えず、製品100gあたりに1gまでしか配合してはいけないという規制がひかれています。
多くの方はアンチエイジングだとか美白だとか、肌が若返る効果がありそうな成分がどれだけ入っているかということにしか目が行っておらず、肌に悪い成分がどれだけ入っているかなどあまり気にしていません。
ですから、オールインワンゲルを使うことで肌への負担を減らすだけでなく、肌にダメージを与える成分が入っていないかというところまでチェックして、初めて安心して使うことが出来ると思ってください。

 

試しにメディプラスゲルの公式HPをチェックしてみてください。「防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)」は一切使用しておりません、と記載されていますので^^

⇒目次へ戻る

メディプラスゲルはシミに効果があるの?

メディプラスゲルを一回使ったらと言って、シミがなくなるわけではありません。しかしメディプラスゲルには低分子で肌への浸透力が高いセラミド、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、ビタミン他50種類以上の美容成分がふんだんに入っています。加えて、メディプラスゲルは伸びが良いため自然とゴシゴシお肌に塗りつけるようなことがなくなります。そして、メディプラスゲルたけで化粧水・乳液・美容液・クリームの役割を果たしてくれるので本来4回与えなければならない肌への摩擦、ダメージを大幅に減らせます。

 

お肌への刺激が少ないだけ、お肌を守る事が出来る。長年蓄積された紫外線のダメージもメディプラスゲルでストップ&改善の見込みがあります。実際メディプラスゲルを使い続けてシミが薄くなった、なくなった、顔のトーンが明るくなった、くすみが消えた、と言う評判はよく聞かれます。シミが改善すると言うことは美肌効果があると言うことなので、メディプラスゲルではシミだけではなく顔全体の問題を解決していけます。
アンチエイジング効果が高いと言うだけではなく、オールインワンゲルなので時短・コスパ・省スペース、などの付加価値たっぷりなのも人気の一つとなっています。

 

そもそも肌にシミが出来るメカニズムは、メラニン色素の沈着なわけですが、紫外線の影響で異常に角化細胞がメラニン色素を作り続けてしまうためです。
シミの原因として紫外線は大きな原因になりますが、問題は紫外線だけではなく肌のターンオーバーが正常に行われず乱れていることも大きな原因と言われています。
本来メラニンは肌のターンオーバーと共に垢として大概に排出されるのですが、紫外線だけでなく外部からの刺激、ストレスなどで肌に負担がかかっている状態だとこのターンオーバーが乱れてしまいます。
メディプラスゲルは肌へのストレスをかなり減らすという効果がありますので、単にプラセンタが入っているからとか、そういう理由でシミを薄くする効果があると言うだけではない気がします。

⇒目次へ戻る

メディプラスゲルはほうれい線に効くの?

ほうれい線があるとないとでは、見た目の年齢が大幅に変わりますよね。10歳変わると言っても過言ではありませんよね。ほうれい線は顔の筋肉が老化により衰え、お肌がたるんでしまうために起こる現象です。重力には勝てない、とよく言いますがまさにそれで頬の肉が舌に垂れてしわが深くなってしまうので、年齢とともにほうれい線も気になるようなってくるのが自然現象です。

 

メディプラスゲルはお肌に張りを与えるコラーゲンや乾燥を防ぐヒアルロン酸、新しい細胞を育てるプラセンタなどどれもアンチエイジング効果抜群の厳選された美容成分が62種類も含まれています。今あるほうれい線の改善はもちろんのこと、これからのアンチエイジング対策としても効果を発揮してくれます。美容整形で美肌や若さを手に入れたとしても、それは一時的なもの。根本からの改善ではない上、お肌そのものが弱ってしまいます。メディプラスゲルは肌にムリをさせずにスキンケアできるのがメリットです。

⇒目次へ戻る

ただいまのメディプラスゲルの人気度と口コミ数はどのくらい?

この掲示板では、アットコスメでのメディプラスゲルの人気度の指標となる「オールインワンゲル化粧品」ジャンルでのランキングや口コミ数をプチ更新しています!

 

2016年12月のランキング

2017年2月のランキング

 

10月に更新したアットコスメの口コミランキングでは1位でしたが、なかなか安定してますね!嬉しい!!

 

口コミ数もなかなか増えてますね。5月にリニューアルしてから一旦口コミ数が0になってるので順調そうです。(ちなみに2003年に発売した旧ゲルの口コミ数は651件でした)

>>メディプラスゲルの公式HPはこちらです

メディプラスゲルの開発ストーリーと私が一番伝えたいこと

メディプラスゲルが初めて発売されたのは2003年10月のこと。改良に改良を重ねて、2016年の5月にリニューアルされました。
この時会社名も株式会社ティーエージェントから株式会社メディプラスに変更されています。

 

私はリニューアル前のメディプラスゲルも、リニューアル後のメディプラスゲルも使用経験がありますが、現状でリニューアル後のメディプラスゲルの話を中心にまとめていきたいと思います。

 

なぜメディプラスゲルが開発されたかというと、メディプラスの代表である恒吉社長は元々肌が弱く、子どもの頃から大人になるまでの経験の中で自分を掬うためのスキンケアの開発を決意されたそうです。

 

極度の乾燥肌だった恒吉社長は「ないなら作るしかない」という思いの中皮膚科に勤務。肌の悩みを抱くたくさんの女性とのコミュニケーションの中でメディプラスゲルが生まれました。

 

恒吉社長の思いが形になったメディプラスゲルですが、メディプラスゲル開発の根本には恒吉社長がたどり着いたある考えがあります。

 

それは「スキンケアは最小限でいい。」ということです。

 

うるおいをしっかりお肌に与えてあげて、なるべく何もしないのが一番。と開発者である恒吉社長は考えています。

 

 

色々な化粧品を試してきた方、ずっと化粧品をライン使いしてきた方、今もたくさんの化粧品を使っている方。
このページはそんな色んなコスメヒストリーを持つたくさんの方が読んでくれています。

 

今もたくさんの化粧品を使っている方、

 

「スキンケアは最小限でいい。」
「なるべく何もしないのが一番。」

 

と聞いたものの、たくさんの化粧品を捨ててメディプラスゲルだけにするのって不安ではないですか?

 

なぜならあなたはそれを信じてきたからたくさんの化粧品を使ってきたんですよね。信じていたことを変えるのって勇気がいるし、不安ですよね。

 

でも、もしも「スキンケアは最小限で良くて、うるおいだけしっかり与えてあげたらなるべく何もしないのが一番」だったとしたら?
もしかしたらあなたのお肌は今まで以上に元気になる可能性もあるということですよね。

 

メディプラスゲルを使おうかなと思っているきっかけや悩みって、人それぞれ色々あると思うんです。
例えば、「化粧品代を安くしたい」「時間がないからてっとり早くスキンケアしたい」「ほんとは色々使いたいけどお金が・・・」

 

でも、私が一番伝えたいことは「メディプラスゲルを選ぶことは妥協じゃない」ってことなんです。

 

「お金がたくさんあったら高級コスメライン使いするのに」
「化粧する時間さえあったら」
「ほんとはもっと効果のある化粧品使いたいんだけど」

 

仕方ないからこれにするか、ではなくてもしも「メディプラスゲルが一番だったら?」

 

チャレンジするのも信じるものを変えるのも大変勇気のいることですが、
ぜひ「スキンケアは最小限で良くて、うるおいだけしっかり与えてあげたらなるべく何もしないのが一番」を一度は試してみてほしいと思うのです。
これがメディプラスゲルを愛用しているイチファンの私が一番伝えたいことです。

 

メディプラスゲルは他の商品とどう違うの?

ここでは、メディプラスゲルが他のゲルと何が違うのか、成分の話しを中心にしていこうと思います。
まず、こちらがメディプラスゲルの成分一覧です。

メディプラスゲルにはどんな効果があるの?しわやシミにも効くの?

 

メディプラスゲルの特徴は、化粧水・乳液・クリーム・美容液の4役を担ってくれるということです。
メディプラスゲルの中には、3種類のセラミド・3種類のヒアルロン酸・2種類のコラーゲン・プラセンタエキス・ビタミンCをはじめ、66種類の美容成分が配合されています。
ひとつひとつの美容成分の簡単な解説はまた機会を見て追加します。

 

オールインワンゲルを選ぶときに、たくさんの美容成分に目が行きがちですし、もちろんメディプラスゲルにもたくさんの美容成分が配合されています。

 

しかし、メディプラスゲルが他のゲルと大きく異なる点のひとつに「温泉水」があります。オールインワンゲルの主成分は水です。全成分の中で最も多いものも水です。その中にあってメディプラスゲルの全成分表示には「温泉水」の表記があります。

 

これ実は全国屈指の美肌の湯とされる玉造温泉の温泉水なんです。玉造温泉の泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウムをはじめとするミネラルのバランスに優れておりうるおいの浸透と持続を両立する目的で採用されています。

 

ちなみに玉造温泉は、日本で一番最初に美肌泉質と記述された温泉であり、日本一の美肌温泉とされています。詳しく知りたい方は→マンガで見る日本一の美肌温泉(松江観光協会)

 

メディプラスゲルは初めから玉造温泉水を選んだのではなくて、全国の温泉水で試作を繰り返しています。その目的は「浸透力を最大限にするミネラルバランス」を探る為です。もともと温泉水は分子が小さいので浸透しやすいそうです。

 

美容成分についてもう少し詳しくまとめると、
・ヒアルロン酸には、通常のものに加えて2倍の保水力を持つスーパーヒアルロン酸、角質層内部に浸透しやすいナノ型ヒアルロン酸を配合。高い保湿力を実現
・通常サイズの1000分の1サイズのスーパーコラーゲンを配合。浸透力が強力で肌のハリと弾力をアップ
・プラセンタはサケ由来のフィッシュプラセンタを使用。素肌のキメを整える作用を促して肌の弾力をサポート
メディプラスゲルに配合される全成分にはこんなことが期待できます
メディプラスゲルに配合される成分に期待できること
保湿・ハリ、弾力・肌荒れ防止・角質柔軟・皮膚コンディショニング・エモリエント・収れん(引き締め作用)
エモリエントとは、皮膚から水分が蒸散してしまうのを抑えてうるおいを保つことです。これにより皮膚を柔らかくすることもさします。

美容成分以上に伝えたいある添加物の毒性の話し

美容成分についてはこれくらいにして、メディプラスゲルの話で私がすごく伝えたいのは添加物の話です。
まず、メディプラスゲルの添加物の仕様はどうなっているかというと、

メディプラスゲルにはどんな効果があるの?しわやシミにも効くの?

・香料不使用
・合成着色料不使用
・合成乳化剤不使用
・防腐剤不使用
加えてメディプラスゲル専用ページでは以下のようになってます。

メディプラスゲルにはどんな効果があるの?しわやシミにも効くの?

・合成界面活性剤不使用
・鉱物油不使用
・アルコール不使用

 

パッと見、他の商品と同じような無添加仕様に見えますね。しかし、注目してほしいのは※の部分です。
防腐剤として、パラベン・フェノキシエタノール無配合と記してあります。

 

よく化粧品の成分表示で、パラベンフリーというのを目にしませんか?パラベンは防腐剤として使用されます。しかしひとことでパラベンと言っても様々な種類があるのですが、なかには毒性を指摘されているものもあります。もちろん全てのパラベンが身体に悪いと言うつもりはないのですが、事実使う人の体質によりごくまれにアレルギー等のトラブルが生じるケースが確認されたため、使用する際はパッケージなどに成分を表示しないといけないと定められた成分のうちの一つです。いわゆる旧表示指定成分というものです。
ちょっとパラベンの話しが長くなってしまいましたが、この「パラベンフリー」にはひとつからくりがある場合があるというはなしをひとつ。

 

「パラベンフリー」を謳う化粧品は数知れずありますが、「パラベンフリーってことは防腐剤が入ってないんだ!」と思う方も多いんではないでしょうか?違うんです。フェノキシエタノールが入ってることが結構あるんです。
フェノキシエタノールも実は防腐剤です。そして、一部のパラベンと同様の毒性があるとも言われています。フェノキシエタノールは、表示指定成分には該当しなかった為、パラベンの代わりに各社で使われることになったんです。消費者に対するイメージ対策だと思います。もちろんそんな大量に入っているわけではなく防腐剤としての機能を持たせる為であればごく微量ですが、微量でも毒性があるかもって言われたら入っていない方が良いですよね・・・。ちなみに、厚生労働省からは化粧品100g中にフェノキシエタノールの配合は1.0gまでと制限されています。もちろんそんなたくさん入れているものはないですし、もし使っていれば今は全成分表示のどこかには書いてあるはずです。

 

つまり何が言いたいかというと、メディプラスゲルは「防腐剤が入っていない」んです。他の化粧品は「パラベンフリーであっても防腐剤不使用ではない」場合が結構ある、ということです。

 

オールインワンゲルだけじゃなく化粧品って、お肌に良い効果をもたらす美容成分が「入っているかどうか」ばかりに目が行きがちです。

 

しかし、もっと大事なのは「お肌に悪い効果をもたらす成分が入っていないかどうか」をチェックする事だと思います。

 

だって「うるおいをしっかりお肌に与えてあげて、なるべく何もしないのが一番」なのですから、悪い成分が肌に乗っては何も影響がない訳がありませんからね。

 

メディプラスゲルは、「入っていないこと」にもしっかり目を向けて開発されていることが分かってもらえると思います。
あっ、もちろん皮膚科医指導でアレルギーテストも行ってます。